早太郎温泉郷とは | 早太郎温泉郷 | 信州駒ヶ根高原 | 長野県駒ヶ根市

早太郎温泉って?

「早太郎」って誰?〜地域から愛され続ける霊犬「早太郎」が温泉名の由来です〜

中央アルプスの麓に湧く早太郎温泉郷にある古刹・光前寺。
むかしむかし、このお寺で飼われていた山犬は、たいそう強く、走るのが早かったので「早太郎」と呼ばれていました。
そのころ遠州見附(静岡県磐田市)では、秋祭りに村の娘を怪物(老ヒヒ)にお供えするという悲しい風習があったのです。「今宵、今晩、信州信濃の早太郎はおるまいな。このことばかりは早太郎に知らせるな」。その様子を見たお坊さんが旅をする六部という人に「早太郎」を探してくれるように頼みました。
全国を旅するなか、ついに六部は「早太郎」という犬を見つけたのです。六部の話を聞いて光前寺の和尚さんは「早太郎」を送り出します。
祭りの夜、見事、老ヒヒを倒した「早太郎」は、瀕死の重傷をおったにもかかわらず、遠い遠州見附から和尚さんのもとに帰ってきました。「早太郎」はワン!と一声ほえ、そのまま死んでしまいました。
和尚さんは「早太郎よ、よくたたかった。強かったな」と頭をなでてあげたと言うことです。

正義をつらぬき、和尚さんと愛情という絆で結ばれた「早太郎」がこの温泉郷のシンボルなのです。

イメージ
このページのトップヘ

森のなかの美肌の湯に浸る至福〜にっぽんの温泉100選・泉質ランキングにランクインしました〜

観光経済新聞が毎年行う「にっぽんの温泉100選」では、旅行会社社員など旅のプロによって雰囲気や知名度、泉質などそれぞれのカテゴリで選ばれた温泉地を発表しています。
早太郎温泉は過去、「泉質ランキング」部門で100選にランクイン!
プロも納得の泉質というお墨付きをいただいております。

泉質は「アルカリ性単純温泉」。
無色透明でにおいもなく、やわらかい肌触りを実感できます。
温泉の効能が体にしっかり浸透し、お肌はしっとりすべすべになります。
爽やかな高原の澄みきった空気のなかで「美肌の湯」を実感してください。

イメージ
このページのトップヘ
信州駒ヶ根高原 早太郎温泉郷
  • 早太郎温泉って?
  • 温泉・宿泊施設のご案内
  • 交通アクセス
  • 駒ヶ根観光情報 こまナビ
    QR
  • 駒ヶ根観光協会 Facebookページ
  • 駒ヶ根観光スポット